FC2ブログ
 
素人のエロ投稿やエロ体験談が大好きです。ジャンルごとにまとめてみました。他ブログからのお引越しですが、手動のため、ある程度まとめての更新です。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ごめん! いつもはこんなことないんだけど、少し飲み過ぎたみたいだ」
 しゃれたブティックホテルの部屋。大きなベッドの上に敷かれた真っ白のシーツに腰掛けて、彼は私に頭を下げた。ちょっと前まではすごく大きく真っ赤でパンパンで、勃起ってこんなにすごいんだ! と私を驚かせていたペニスは情けないほどにしゅんと縮こまり、ゴムの先っぽがへにゃあと垂れ下がっていた。
 彼とは、つきあい始めて三ヶ月。バイト先の先輩で、三つ年上。優しくて頼りになって、私の理想の彼だ。つきあい始めて一ヶ月目のデートのとき、彼の部屋で彼とエッチな雰囲気になったけど、私が拒否った。
 私は処女だったから、初めてはできたらもっと綺麗なところ……それにきっと痛いと思ったから、思い切り声をあげても大丈夫なところでしたかったのだ。
 海の見える素敵なペンションとか、そういうところが希望ではあったけど、まあ、そこまでは望まなかった。彼のバイト代は知ってるしね。そんなわけで、デートあとの居酒屋でかなりテンションあげたあと、近くの駅裏ホテル街の、一番綺麗で良さそうなところになだれこんだのだ。。
「ホントに、ホントにゴメン!」
 部屋に入ったときは、彼もノリノリだった。だいぶ飲んでたからかもしれないけど、いつもは言わないようなエッチなことを囁いたり、じっくりねっとりなディープキスを何度も何度もしてくれたり(お酒臭かった!)して。私の方も、アルコールでテンション高くなってるところにそんなコトされてふわふわした気分になって、キスだけで身体中がカッカしちゃって。彼の温かい手がブラジャーの中に入ってきて、胸をぎゅっと強く掴んだときなんか、すごい気持ちよくなっちゃって、恥ずかしい声をいっぱい出したりした。
 胸や首なんかをたくさん揉まれたり軽く噛まれたりしているうちにアソコがなんだかじんわりと熱くなってくる感覚があった。だんだん愛液がオシッコみたいにもれてくる感じがあって、焦れったいような切ないような……ああ、これがいわゆる『濡れて、挿れてほしい』感覚なんだなって分かった。
 彼は優しく私の頭を撫でて
「そろそろいいかい?」
 と聞いた。私は多分恥ずかしくて真っ赤な顔をしていただろうと思う。彼はビックリするくらい大きくなったペニスにゴムをつけ――。
 ああ、なんでこうなっちゃったんだろう。
 私のバージンを奪ってくれるはずだった彼のペニスはなぜか急に小さくなり、それきり勃たなくなってしまったのだ。
 私だって子どもではないから、飲み過ぎたり体調が悪かったりで、男性のモノがそういう状態になることは聞いたことがあった。だけど、今そうなることないじゃん! もしかしたら私に魅力がないからかなぁとか、私のアヘ顔がアホっぽくて彼に嫌がられてしまったんじゃないかなぁとか……。
 ついには私に背中を向けて、自分で自分のモノをさすって勃たせようとしている彼を見ていたら、色々考えすぎて悲しくなり、ついに泣いてしまった。
「ちょっと待てよ。お前のせいじゃないんだってば」
 彼は私を抱きしめてくれた。
「お前のせいじゃないんだよ。証明してやるよ」
 と言って、私をベッドに横たわらせると
「ああっ!」
 私の両脚を持って広げ、私のアソコに、顔を突っ込んだのだ!
「そんな、汚いよっ!」
「汚いもんか。めちゃくちゃステキだよ」
「アアア……ッ!」
 自分で触ったこともあるし、彼からも指で弄ってはもらったけど……ペロペロされるのは初めてだった。
 彼の鼻息がアソコの毛を揺らし、柔らかい舌が私のクリトリスを飴舐めるみたいに舐めた。ピリピリしたむず痒いけどもキモチイイ感じが下半身から全身に広がった。それから彼の分厚い唇がクリトリスやぴらぴらした部分を包み、ちゅるちゅると吸ったり舐めたり。。
「すごい、なんか、すごい気持ちいい!」
 じゅるじゅると、恥ずかしいほど滴る私の愛液を吸いあげる音がした。頭の奥が痛いくらいにジンジンと痺れた。頭の中が真っ白になるってこういうことなんだと思った。何も考えられなくなり、ウソじゃなく、本当に身体が浮いているみたいだった。 
「アアアあぁぁっっ……ッ!」
 彼の舌が細くなり、私のエッチな穴に差し込まれるのを感じた。タンポンでさえ使ったことのない私のその部分に入り込み、中をチロチロ舐める。
「すごい、すごいぃ!」
 処女なのに、私は彼の舌でイキまくってしまった。ううん、その時はそれがイクということなのだとは分からなかったけど、今ではハッキリ、あの時の感じが「イク」なのだと分かる。
 これを書いている今、私はロストバージンしてる。でも正直、セックスは思ったよりよくなかった。あの時のクンニの方がずっとずっと、気持ち良かった(はぁと
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamenmama.blog9.fc2.com/tb.php/14-7b7c893d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。