FC2ブログ
 
素人のエロ投稿やエロ体験談が大好きです。ジャンルごとにまとめてみました。他ブログからのお引越しですが、手動のため、ある程度まとめての更新です。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 実は私、バイブレーターマニアです。はまったきっかけは、つきあっていた彼とホテルで購入したパールローターと呼ばれる、細長い卵形のバイブでした。
 激しく震動するそれをクリトリスに当てて使うと、もう、腰が抜けてしまうほどに気持ちよくて、私はすっかり、虜になったのでした。
 彼と別れたあとも、私はそのローターを持っていました。そして、ほとんど毎晩のように、それでオナニーしていたのです。
 ところが……それが壊れてしまったのです。
 私は中をこじ開け、直そうと努力しました。ところが、中を開けるときに誤ってプラスチックの外殻を割ってしまい、もう、使用不能となってしまったのでした。
「あーあ……」
 はっきり言って、彼と別れたときよりもショックでした。
 私は悩んだあげく、家から三駅ほど離れたところにアダルトショップがあったのを思い出し、そこに行ってみることにしました。通販だと、住所が知られてしまうのが、怖いと思ったし、届くまで待っているのももどかしいほどに、私はローターでの快感を渇望していたのです。
「最近はアダルトショップも、女の子が入りやすい雰囲気にしてるって言うし」
 と、勝手に想像していったのですが、とんでもありませんでした。
 そこはもう、昔ながらの古い大人のオモチャ屋、といった感じで、店内は暗く、客はほとんどいませんでした。
 私は躊躇いながらも、せっかく来たのだからと、ローターバイブと、それから別のバイブレーターも手に取りました。もう恥ずかしくて、選んでいる余裕はなく、そこらにあったものを適当に取ったという感じでした。
 レジの中年男性は、特に何も言わず、淡々と私にそれを売ってくれました。何か、女のくせにとか、いやらしい目で見られたらどうしようと思っていたのですが、流石に、そういうは女性客が珍しくはなかったのでしょうね。ほっとしました。
 家に帰ってバイブレーターを取り出し、早速使ってみました。
 まずはローターを使い、そのあと、もう一本のバイブを試してみました。
 もう一本のは、民芸品を象ったペニス型のバイブで、震動しながらクビを振るものでした。根元にベロみたいなものが出ていて、その部分はクリトリスに当てて使うようでした。
 それのもう、すごく気持ちのいいこと!
 バイブレーター本体は、私の膣内をぐちゃぐちゃとかき回し、肉壁を夢遠慮にえぐりました。そしてベロの部分は激しく震え、クリトリスをかき乱すのです。
 バイブレーターのダブル攻撃で、私はあっという間に、絶頂に達してしまいました。
 もう、そのあとは毎晩、それを使いました。はっきり言って、これがあれば彼氏なんかとつきあうのはばかばかしいって感じでした。
 そうなると、私は他のバイブも試してみたくなり……いろいろな男を試したいって言うのと同じ気持ちだと思うのですが、その店に通うようになりました。
 バイブレーターには、驚くほどいろいろな種類があります。太さや材質、形が違えば、快感は少しずつ違います。
 私はもう、はまり狂っていました。店へもちょくちょく足を運ぶようになりました。
 時々、他のお客さんも来ていましたけど、私は気にせず買い物をすることにしていました。
 案外、アダルトショップに来る男性客というのは、店内の女性に無関心みたいです。逆に、女性客の方が、他の女性客を気にするようで、私も一度、来ていた女性客にじろじろ見られて少し不快だったことがありました。
 そんなある日、私が買いたいなと思ってはいたけれども高くて悩んでいたバイブを、手に取っていたときのことでした。
「あのさ、それ欲しいの?」
 急に背後から声をかけられ、私はびっくりしてしまいました。声の主は、そこの店主でした。
 四〇代前半といったところで、なんでこんな店をやっているのかと思うくらいきちっとして清潔そうな男性です。
 私が曖昧に頷くと、店主は、
「それ、新製品が出てるんだ。よかったら……モニターしてみない?」
 と言ってきたのです。
 私は興味が出て、詳しく話を聞くことにしました。
 店主は、最近では女性客が増えてきたため、バイブ
レーターに『当店女性モニターおすすめ』のようなPOPをつけたいと考えていたそうなのです。けれども、適当な人材がいないため、よく買い物に来ている私に目をつけたということでした。
「他にも、これは良くないというのがあれば教えて欲しいんだ。私は女性ではないので……実はよく分からないんだよ。おすすめ商品の売り文句とか短い感想文も欲しいんだ」
 ただでもらえるなら、と私はすぐにOKしました。
 それから、私のバイブマニア生活は、もう、大充実になりました。
 高くて手のでなかったバイブレーターの新製品というのは、絶品でした。材質がオールシリコンで(だから高い)柔らかく、膣壁にぴったりと吸い付く感じが絶妙で、もうとろけてしまうほどでした。
 バイブレーターは結構固くて、時々痛かったりするのですが、それが全くないのです。
 使っているうちに肌に馴染んできて、なんだか身体の一部になってしまうような使い心地も最高でした。ごりごりとした違和感がないのです。
 それを店主に伝えに行き、適当なキャッチコピーと、おすすめ理由などを渡すと、店主は大喜びしてくれました。実際、売り上げも伸びたそうで、私は次々と新製品のモニターを頼まれました。
 安いものはただでもらえますが、あまり高いものは、こちらが何割か金額を負担することもあります。でもそういうときは、おまけに電池とかを付けてくれます。
 実は今も、モニターの最中です。
 パンティーの前部分のポケットにロータータイプのバイブレーターが入っている商品で、リモコン式で動くのです。
 スイッチを入れると、もう、とろけるような震動が私を淫らな気分にさせてしまいます。
 丸一日つけて時々スイッチを入れ、だいたいの電池の消費量と、どの程度本体が熱くなってしまうのか(危険なのか)を調べて欲しいということでした。
 なんだか時々、店主に遠隔調教されているような気もするのですが……それもまた、快感だったりします。
 いつか店主の目の前で……とか想像すると、もうびしょびしょに濡れてしまう私なのでした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamenmama.blog9.fc2.com/tb.php/10-83d7175c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。