FC2ブログ
 
素人のエロ投稿やエロ体験談が大好きです。ジャンルごとにまとめてみました。他ブログからのお引越しですが、手動のため、ある程度まとめての更新です。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 つきあって半年になる彼氏がいるのですが、これがまた、相当な奥手で、全然私に迫ってきません。
 キスするまでなんと、交際を始めてから五ヶ月もかかってしまったくらいです。そして、キスから先にはいっこうに進む気配なしなのです。
 高校生同士のカップルとか、中学生同士、と言うのならまだ納得できるかもしれませんが、私も彼も、二十代後半です。私は、彼が初めてつきあった人、と言うわけではありませんし、セックスの良さも知っていますから、彼とエッチしたくてたまりません。
 彼の方も、別に童貞、と言うわけではありません。ただ、初めてセックスしたときがあまり良くなかったらしく、それ以来、面倒くさくなっているんじゃないかと思える節もありました。
 それに彼は、ちょっと、二次コンが入っています。美少女アニメとか、十八禁の美少女パソコンゲームなんかは、よくやっているようで、人並みに、性欲はあるんだと思います。でも、実際の女性を前にすると、どう誘っていいのか、分からないんじゃないかとも思っていました。
 私の方は、もういい加減彼と肉体関係を持ちたいなと考えていたので、いろいろと誘ってみました。
 例えば、非常にオーソドックスで、書くのも恥ずかしいくらいなのですが、
「暑いよねー」
 と言って、彼の前で上着を脱ぎ、ノースリーブになって胸を突き出してみたり、ミニスカートで寄り添ったり。
 でも、彼はごく普通に、エアコンのスイッチを入れたりして、全然ダメでした。
 一応目線を追うと、私の胸元や脚に目をやっているので、興味がないわけではないと思うのですが、手は出してこないのです。
 お酒を飲んでしなだれかかっても、ダメ。
 業を煮やして、思い切って裏ビデオを借りてきて
「一緒に見ようよ」
 と部屋を暗くして誘ったりもしたのですが、何か、あまりいい雰囲気にはなりませんでした。
 逆に、私の方が興奮してしまい、彼のアパートから帰る途中でナンパしてきた男とホテルに行っちゃったりして。
 それくらいなら、自分から彼を押し倒しちゃえばいいじゃん、と思う人も多いと思うのですが、私としては「彼から迫られ、押し倒される」という状況で、初セックスをしたいのです。
 襲われたい! と言う願望があるんです。ただ、それはレイプ願望とはちょっと違って、大好きな彼に無理矢理セックスされたいというか……わがままかもしれませんが、そういう願望があるのです。
 いろいろ考えた結果、私は思いきって、ある作戦に出ることにしました。
 彼が特に気に入っているらしい、十八禁美少女パソコンゲームのヒロインと同じ髪型をし、そして、そのままの服は手に入りませんから、似たような色合いの服を着て、さらにそのゲームを原作にしたオリジナルビデオアニメ(もちろん十八禁)を一緒に見ようと考えたのでした。
 いい年して、ヒロインと同じような服装と髪型(ツインテールみたいな感じです)にするのは勇気がいりましたが、思い切りました。
 さすがに彼は驚いていたようでしたが、とにかく素知らぬ顔で、一緒にビデオを見始めました。
 実写の裏ビデオを見ていたときと、彼の反応は明らかに違いました。なんだかそわそわと落ち着かない感じでした。
 ビデオが終わったあと、私が、そのヒロインの口調をわざと真似して彼に話しかけたときでした。
 彼の欲望が爆発したのか、私をいきなり、押し倒してきたのでした。
「どうしてそんな格好してるんだよ! 俺、押さえきれないよ」
 彼の目は、少し潤んでいるようでした。
「おまえのこと、大事にしようと思っていたのに。おまえのせいだからな!」
 私は、心底「やった!」と思っていましたが、ヒロインを真似して、少し恥じらって見せました。
 それも効果的だったようです。
 彼は、なんだかんだいろいろと言いながら、私の服を乱暴に脱がせ始めました。
「ああっ!」
 完全に拒否してしまうと、すぐに彼は引いてしまいそうでしたので、曖昧に抵抗の態度を見せつつも、私は彼が私の服を脱がせやすいよう、身体をよじりました。
 彼のあそこは、すでに大きく膨らみ、かちかちになっている様子でした。
「こんな、かわいい髪型にして……」
 彼はそういいながら自分のズボンを降ろしました。
 私は初めて見る彼のあそこに、息を呑みました。彼のあそこは、いわゆる巨根だったのです。しかも、半端な巨根ではありません。かなりのでかさです。
「笑うなよ」
 彼は言いました。
 あとで聞いた話ですが、彼はあそこが大きすぎて、初体験の時、相手の女の子の膣内に、入りきらなかったそうです。それで、コンプレックスを持っていたようでした。
 確かに、あんまり大きいのは、アソコがさけてしまいそうで敬遠する女性も多いでしょう。でも私は、実は結構大きい人とつきあっていたこともあったので、たぶん自分は大丈夫だと思っていました。
「いいな? いくぞ」
 私の脚がぐっと開かれ、彼のものがねじ込まれた瞬間。
「あああああっっ!」
 私はかなり大きな叫び声をあげてしまいました。
 想像以上に彼の巨根は圧倒的な存在感を持って、私の膣内で膨れあがったのでした。
 もうおなかいっぱい、と思っても、まだ、半分も入っていない、という状態でした。
 でも彼は、ぐいぐいとねじ込んできます
「ああ、ああああっっ!」
 アソコがさけ、子宮の中まで犯されるんじゃないかと思ったほどでした。彼は無理矢理に根元まで押し込み、ハアハア言いながら腰を動かし始めました。私はもう、息苦しくて、悶絶状態でした。アソコがはち切れそうでした。
 でも、痛みもすごかったのですが快感も大きくて、本当に、自分がこのままおかしくなってしまうのではないかと思うほどでした。
 こんな形で犯されるとは想像していなかった分、快感も強かったのでしょうか。次第に私の膣内は潤い
を増してゆき、きつかったペニスの出入りがスムースになる頃には、もう、彼の巨根なしではいられないくらいになった自分がそこにいました。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。